トップイメージ

受領した明細レシート所持する必要は??解答について述べるとキープすることは特段ないというのが答えです。

個々人で所持していることで自分自身が決済した証拠を持っていたいという場合は残せばよいことですし、反対に言うとそういった証拠は無くても困らないと考える場合は残す理由はないです。

しかしながら月に一度郵送されてくる利用明細書との照らし合わせ作業の際には絶対このような明細レシートは不可欠となります。

明細をそこまでは保管していないとなると、どこの店で何月何日にいくらくらい使用したかということが確かでなくなってしまうだけに限らず、誤った請求の他重複した請求についての確認作業ができないので危険なのです。

特にクレジットカードを利用した内容については明細レシートを保管していない限りは覚えていないはずです。

短くても利用履歴が来る1〜2ヶ月程度の期間は厳重に明細を保存するようにして頂きたい。

クレカの明細レシート廃棄方法>クレカのレシート廃棄手段はすごく簡単です。

見ず知らずの人に不正使用されないよう、できるだけ小さく裁断して破棄するだけで良い。

裁断機が自宅に置いてある場合には利用するのが良いでしょう。

カードの使用履歴を証明するレシートなのであるからクレカ番号等個人の情報について知られてしまうものがふんだんに詰まっているのです。

普通の利用レシートと考えず、処分は用心して行うようにしたいです。

一方、今は予防のためにレシートにカードナンバーといった個人の情報が記載されない明細レシートもあるようだが、信じ過ぎることは禁物であると思います。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.makotomania.com All Rights Reserved.