トップイメージ

フリーローンについての引き落し内容は、会社各個でかなり差異がありいろいな方式が選ばれております。76-13-96

一般的なところでは残高スライド方法やリボ方式が多く採用されているみたいです。76-20-96

そしてこんな誰でも知ってるリボルディング払いですけれども実を言えば計算法に多様な方式といったものがあるのです。76-12-96

それ故その法に応じて支払い額が違ってきてしまうので理解していて損をするようなことはないはずです。76-11-96

それでは理解しやすく2つの方法のへだたりについてを説明しましょう。76-19-96

ひとつは元金均等払いというもので、もう一つは元利均等払いです。76-15-96

それぞれその名のとおり、元金に関して一様にして返済していくというのと元金と利息についてを合わせて均分に返済していこうという様式になります。76-16-96

今回は10万円を借りたと設定して、実際のところどんなような算定をしていくのか試してみます。76-4-96

利回りに関してはどちらも15%と仮定し算定します。76-17-96

更にリボルディング払いなどの金額は1万円として算定します。76-5-96

まずは元金均等払いからいきましょう。

こういう時の初回の支払に関しては1万円に利子分1250円を合計した支払いになります。

次回の支払に関しては1万円に利息1125円を足した引き落としとなるのです。

こういうようにして10回にて引き落しを終了させるといった様式です。

他方、元利均等払いというものは1回目の引き落しについては1万円ですがそこから元本に8750円利子へ1250円という具合に分配するのです。

その次の支払いに関しては元本が8750円へと減少した状態にて利率を算出し、1万円から再度割り振ります。

要するに、元利均等払いのケースは10回で返済が終了しないといった算定になります。

こればかりのギャップで二者がどのくらい異なってるのかが分かって頂けたと思います。

元利均等は元金均等に比肩し、明瞭に元金が減少するのが緩やかと言う弱点というものがあるのです。

即ち金利といったものをおおく支払うと言う状況になります。

他方はじめの引き落しが少額で落ち着くというようなメリットも存在したりするのです。

こういった引き落し形式に関する違いに呼応して返済合計金額というのが違ってきますのでご自分の好みに合う方法をするようにしてみてください。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.makotomania.com All Rights Reserved.