トップイメージ
外国為替証拠金取引(FX)の投資のターゲットは世界各地の流通通貨です。貨幣に当り学んでみようと思っています。・公式通貨には「基軸通貨」という名でよばれる公式通貨があります。基軸通貨とは、世界各国間の決済について金融機関の取引に際して主体として活用される公式貨幣のことなのですが$(米ドル)です。当時は英ポンドが基軸になる通貨でありましたが、第二次世界大戦が終わった後アメリカドルになったのです。売買されている通貨の種類に関しては、他の外貨の投資に比べてみると格段に頻繁というのが特徴というのがあげられます。FX業者によって、取り扱っている通貨の種類に関しては、異なってますが一般的には20種類前後あるようです。その中で変動性が高い数値の通貨をメジャー通貨と言います。動きが高いとは、売買が多く実行されており通貨の商売が気軽なのです。重要な通貨には基軸の通貨と称されるアメリカドルに、日本の円、ユーロの3種が存在しており世界の3大通貨言われています。英ポンド、カナダドルなどが準メジャー通貨と言われております。世界三大通貨と準メジャー通貨以外の変動性が少ない通貨についてはマイナー通貨と言われて、かなり国力や経済の力が乏しい国の通貨価値で、南アフリカランドやシンガポールドル、トルコリラなどが主とされている通貨については売買されている程度が多量ですので、値の高安が静止していて、情報の数も豊富なのだそうです。マイナー通貨は、利息が高額なことが多いから値の乱調がすごいとの事みたいです。値の乱調が大きいということは甚大なもうけを手に入れる機会があるのですが、チャンスがあるだけリスクの恐れも大きくて冒険事があります。更に流動性が小さい流通貨幣ですので、決済を望むときに終了決定が及ばない可能性があるとの事です。どの種類の通貨を選ぶかは流通貨幣の特徴を念入りに研究してから実行する事は重要であると思われます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.makotomania.com All Rights Reserved.