トップイメージ
クレカを店舗等において使用する場合に、誰しも感じたことがあるのではないかと考えますがレジの人が理解していないためいったいどの紙を利用者の方に渡すのか迷うことがあるかと思います。といいますのも、カードを使うと、より3枚1組の利用明細というものが印字されるからでありこの明細のどの紙をお客様の方へ渡してよいものかどうか迷うというケースがあるのです。3枚1組の利用明細について上で述べた複数の明細の意味とはいかなるものかということの概要は、↓の通りとなります。カード利用者へ渡すレシート。店舗で保管する使用レシート。カード会社控え用の紙(記名を書く紙)。通常であれば必ず利用者へ渡す明細レシートの方を渡されるのが正しいのですが時として店舗控え明細レシートの方を客の方に誤って渡すというというパターンの他、記名した側の利用明細を渡してしまったといった重大なミスも存在するのです。アルバイト従業員の場合や、さほどクレカが利用されないショップで使用するとそれらのレジ担当者の心の乱れというものが垣間見れるだろう。もし店舗スタッフが上記のように利用明細を渡そうとしてきた際はやさしく「こちらは違いますよ」などと言ってあげて欲しいです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.makotomania.com All Rights Reserved.